キッチンの漏水・・・えっ?

  • 2011/02/04(金) 14:38:09

夕べは来る日曜日に投開票の愛知県知事選挙の個人演説会に行ってきました。
国政も混沌としている昨今、果たしてどの候補が最適なのか
話だけではうかがい知る由もありませんが、・・・・まだ投票前の店主です。


「キッチンが漏る」との修理依頼がありました。
暫くして「ダメだぁ交換して」との連絡。
キッチン

続きを読む

ガスがつかないんだわね

  • 2009/02/10(火) 18:46:20

拙舎へ電話頂きました。

「ガスが付かないんだわね」
  「えっ!?、ガス給湯器ですか?」
「いやいや、ガス」
  「ガスコンロですか?」

続きを読む

トイレは臭くない

  • 2008/02/25(月) 23:02:53

年度末に道路が工事だらけになるのは先日書きました
建物などの営繕もこの時期に駆け込みで施工する事があります(笑)
年度末までの残り月日が少なくなって予備として取っておいた年間予算にも余裕が出来て使い切る必要がありますから・・・・ね(汗)
漏水や便器を修繕したり、尤も実際施工に随時契約で出来る程度の規模ですが。

 そんな流れで学校の便所に下見に出掛けました
 その内容は兎も角として

「便所が臭い」んです

 そんな事当たり前じゃん! 便所は匂うでしょ そう思われますか?

店主が小学生だった頃の便所は臭かったですよ(笑)
水洗ではありませんでしたから ポットンですね

しかし、現代の水洗便所は臭ってはいけないんです
便器や床排水目皿にはそれぞれトラップが付いていて下水などからの臭いや害虫を防いでいます
残り香(笑)などは別にして臭いの元の人が排出した尿や便は直ちに水洗されて下水や浄化槽に流されますから

多くの場合、恐らく臭いの元凶の小便器の洗浄システムの不調、故障ですね
ボタン式の小便フラッシュ弁は使用者が押さない事もありますし、小学校などで用いられている連立小便器での一括洗浄時間や流量が足りない事が多いです

大便と違いその場での臭いはそれ程でもありませんが、小便は溜まるとドンドン臭いが強くなっていきます。

 子供がお世話になった学校ですが、自分の生業だけに
 折角の水洗便所を正しく使用して
 学び舎が良い環境になると良いなぁ〜と思う店主でした

電池切れ

  • 2008/02/10(日) 09:44:13

その新築工事の元請けだった建設会社の担当者から電話
JA○△支店の男子便所小便センサーが働かなくなって・・・・・


 男子小便器の自動洗浄装置はお値打ちな機種が発売された事もあって小便器を設置する施工例の中では内蔵タイプを含めるとかなりの確立で取り付けるようになりました
 男子は無精なのでしょうか。小用を足した後にフラッシュ弁のボタン一つを押す事すら忘れがちで、小学校を含めて公共施設の小便器の詰まり修理は頻繁にあります
 えぇっ!?小便器でと思われるでしょう。化学式や物質名でと云われると店主は困りますが、尿素、シュウ酸カルシウム辺りでしょうか?それらが良く例えられる血管のコレステロールのように汚水管や小便器トラップ内に少しづつ蓄積して年月を経ると排水路を閉塞してしまう訳です
また、洗浄していないと小便器トラップには尿が残ってしまいますから臭気も漂う事になります。そんな事から自動洗浄は有益なアイテムだと考えます



 さて、修理依頼の小便センサーです
 当時の完成図書の控えを取り出して設置した器具の型番を確認。小物をポケットに突っ込んで出かけました。窓口で挨拶、担当職員さんと同行して便所へ

    最近はほぼ金融機関ですから(笑)作業服にジャンパー着て
    ちょっとした工具を入れたカバン提げてますからねぇ〜
    有りもしない貯金をムリヤリ引き出しに来た業務の方と
    間違わられるのもイヤですしねぇ(汗)

修理内容はほぼ確信しておりましたから担当職員さんに作業の手順を説明しながら作業しました。
   ドライバーでビス2本を外してカバーを取る
   電池ケースの蓋を取って単三電池を2本交換する

そう、ここは乾電池駆動のタイプでしたので施工後3年目に入った現在数ある小便器が使用頻度に拠り順次電池切れをします。今後はご自身で交換修理をして頂けるように説明をして来ました。



      さて、今回の部品乾電池代と出張修理費ですが、
      依頼建設会社の担当に修理完了後の報告の電話をして
      出張費は・・・と言いましたら、担当者笑って
      あははは、サービスしといてよって・・・・コレはどーーよ(汗)
                       
 

シングルレバーの薀蓄

  • 2008/02/08(金) 19:16:09

シングルレバー水栓はキッチンなどにかなり普及していると思います

レバーの操作で 左は湯 右で水 これはほぼ大抵の皆さん判っていらっしゃいますね。
では、レバーを上げると水は出ますか? 止まりますか?
恐らくご家庭の器具に慣れていて考えずに使ってますから、こう聞かれるときっと迷ってしまいますね。

正解は・・・・両方あるんです (汗) 

しかし、最近の製品での解答は「レバーを上げると出る」ですね

実は10余年前まではメーカーでレバー操作が違いました。
衛生器具メーカーのT社や総合メーカーN社は↑止水↓吐水
衛生器具メーカーのI社は↑吐水↓止水だったのです
どちらかと言うとT社の↑止水↓吐水が多かったと思いますし、実は店主も手の動きから思うとこちらの方が違和感なく受け入れられると思ってました
当然、両メーカーの間ではビデオテープの β とVHS でも有りませんが統一されることも無く、リフォームで新規にシングルレバー水栓の付いた器具を設置する場合などは他の器具のレバー方式を確認してから器具選定をお願いしていました。
 家の中で部屋や器具によって上下が違っては困ってしまいますからね。



最近の解答はと前述しましたように、現在は↑吐水↓止水に統一されています

どうしてしまったのでしょうか? それはある事件で一気に統一に進むことになりました。
それは阪神・淡路大震災です
震災の被害を受けた家庭で吊戸棚や水切り棚から落ちた物でレバーが押されて水が出っ放しになってしまった事を受けて ↓で水が止まる に統一されたと言う事です

 最近は逆のレバーの製品はありません
 ですから今後のリフォームなどでレバーが逆になってしまっても慣れて頂くしかありませんので、ご承知おきください
 例えばキッチンのリフォームをされた場合、洗面所のレバー水栓も替える事になりますね
 
   お客様から云わなくても(逆の)レバーに気が付いて
   他の部屋の器具のレバーなどにも気を使ってくれる工務店や設備業者さんなら
   きっと良いリフォームが出来ると思います





        店主の家は↓止水タイプが付いてますが
        拙舎の湯沸し室などは未だに両タイプが混在してます(汗)
        自分の処は後回しになっちゃいますねぇ